りんごの花が咲くころ

30年3月に公務員を勧奨退職しました。悠々自適な生活の予定が、闘病生活へ。

姉妹ブログです。よろしかったら見てください。

お金にまつわるりんご家の話

 

日記 日記(長女)

関東の人って、どうやって段ボールを調達しているの?

更新日:

 

次女が完投で研修をしていました。その間は、会社借り上げのマンションから通っていました。マンスリーマンションだったので、一応のものはそろっていましたが、どこまでそろっているかわからないこともあり、一箱だけ宅急便で送っていました。

 

関東の人って、どうやって段ボールを調達しているの?

マンスリーマンションの備品の状況

マンスリーマンションには、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット、掃除機、ドライヤーなどの家電とお鍋や食器、包丁やまな板などのキッチン用品もありました。タオルもバスタオルとフェイスタオルそれぞれ2枚づつあったのには驚きました。

 

結局、無いものは、洗剤やスポンジ、シャンプーなどの消耗品だけでした。それにテレビがなぜかなかったのです。

 

送ったもの

タオルやバスタオル、少しの私服、6合のお米、洗濯物を干すハンガーなどです。

140センチ、スマホ割

 

便利だったもの

マンションには、ハンガーをかけるところが一切ありませんでした。クローゼットもありませんでした。その代わりなのか、ベッド下に衣装ケースが3つありました。引き出し型ではないので、不便ではありましたが。

 

室内のあらゆるところを見ましたが、ハンガーをかけるところがどこにもありませんでした。ベランダも洗濯物を干すようにはなっていませんでした。

 

お風呂場に洗濯乾燥機が備え付けられていました。ボタンを押すと3時間のタイマーで動くようになっています。浴槽の上に、選択バーがあり、備え付けのハンガーが5つありました。

百均で小さい洗濯ハンガーを買ってきて、下着や靴下はそれに、バスタオルやブラウスはハンガーに干すようにしました。

干してから、洗濯乾燥すると、朝には乾いていました。

お風呂には暖房もついていたので以外に便利でした。

 

マンションを引き払うにあたり

研修が終盤に差し掛かったころ、荷物をどうするか悩みました。研修中に2回行っていたので、2回手持ちで持って帰ればなんとかなるのではと思ったのです。宅配で送るとしても、集配を頼まないといけないし、次女はそれを嫌がります。

なぜか、テレビがなかったため、後ほどテレビを会社が手配してくれたのですが、宅配での配送となりました。返却も宅配で着払いで送ることになっています。テレビはあまり必要でなかったので、2,3日前、早々に返却することにしました。落とすと大変なので、長女が助っ人に来てくれて、無事コンビニに持ち込むことができました。

そんなわけで、自力で宅配で送るのは無理そうです。2回に分けて持ち帰り、消耗品は長女に引き取ってもらうことにしました。洗剤や調味料、シャンプーなど結構な荷物です。それまでも、頼まれていた荷物を次女に預けそれを取りに来た時もお米などをあげていました。

長女の住むところがなかなか決まらず、結局その荷物を持ったまま、ホテルを転々としていたのです。2回目に上京した時、長女と待ち合わせをして映画を見たのですが、その時点で一人で持ちきれないほどの荷物を持っていたのです。

家が決まるまで、次女に預かってもらって、後日取りに行くという長女。しかし、次女がマンションを引き払う日は決まっています。万一、鳥に行けなくなると大問題です。

結局、宅配で送るようにしたいと考えました。その時、長女の住所は決まっていたので、到着日を指定すれば送ることができたのです。

 

段ボールがない。

私が住んでいる地方では、スーパーなどに持ち帰り用の段ボールが用意されています。スーパーに行けば手に入ると思ったのですが、どこにも見当たらない。ホームセンターなどで買うことも考えましたが、それがどこにあるかもわからない。

夜は、次女のマンションの近くで食事をしようと3人で会うことにしていたので、アーケード街を歩いていると、段ボールが捨ててありました。持ち帰っていいものかと悩んでいると、ちょうど捨てている人がいたので声をかけて分けてもらうことができました。何とか、段ボールをゲットすることができました。

ガムテープは次女のマンションに置いていたので、荷物をまとめると結構な量になりました。

結局、140センチの大きさになりました。

近くのコンビニで送り状はもらっていたので、荷物をまとめると、二人がかりで持ち込みました。一人で持ち込むことはできない重さでした。

140センチ、コンビニ持ち込み 1,680円

結構な金額になりましたが、長女が取りに来るとしても、往復の交通費を考えると千円ぐらいにはなると思います。あの量を一人で持って帰るのは無理があります。友達の車で取りに来るとも言っていましたが、友達は仕事をしているので長女の言うようにできるかわかりません。結局、送ったほうがお安くなったかもしれません。

何より、気をもむ必要はないので、その費用は必要経費と思うことにしました。

 

段ボール、買っているのでしょうか。びっくりした件でした。

 

 






-日記, 日記(長女)

Copyright© りんごの花が咲くころ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.