りんごの花が咲くころ

30年3月に公務員を勧奨退職しました。悠々自適な生活の予定が、闘病生活へ。

姉妹ブログです。よろしかったら見てください。

お金にまつわるりんご家の話

 

旅行

8月の上京物語。4日目から7日目

投稿日:

 

上京しました。今回は6泊と1週間滞在します。4泊にしようとしていたのですが、6泊したほうが旅費が安く済むというおかしな料金体系でした。帰りの便を14時ごろにすると1万近く上がって、曜日と運行時間によって金額が大きく変わっていました。結局、6泊して14時過ぎの飛行機を手配することにしました。

 

8月の上京物語。4日目から7日目

4日目:東京で加藤登紀子さんのコンサート

加藤登紀子さんのコンサートに長女と一緒に行きました。

コットンクラブという食事をしながら音楽を聴く場のようで、100名ぐらいの場所でした。

昼間と夜の2回公演で、昼間の部に申し込みました。二人で二万円。それでもきっと赤字ではないかと思いました。加藤登紀子さんのほかに3名の方がギターやキーボード、コーラスなどを担当していました。

生の音楽を聴いたのは、中学生のころ、フォーク時代の長渕剛さんに行ったきりの2回目です。6月に1000人規模のコンサートを開催したとテレビで見たのがきっかけで、ネットで検索すると今回のコンサート情報がわかったのでした。

ダメもとで長女を誘うと行くということで2枚注文しました。

花にまつわる歌で、アンコールも入れて9曲?だったと思います。始まってから終わるまで1時間ほどのコンサートですが、身近に感じられ、なんだか涙があふれるコンサートでした。

 

ほろ酔いコンサートも予定しているとの告知もあり、また行きたいなあと思ったのでした。

ちなみに長女もよかったと言ってくれたので、一万円負担した甲斐がありました。

 

コンサート代(二人分) 20,000
飲み物他(ミックスナッツ、飲み物2杯) 2,783
居酒屋(3人分) 9,570
32,353円

居酒屋は長女の彼も合流し、飲み放題のコースが4000円のところ、2,900円(税抜き)でした。ちなみに彼氏も加藤登紀子さんを知らなくてびっくりしました。ジェネレーションギャップを感じました。

 

5日目

ホテル滞在。

朝はコンビニでパンを調達。朝食は、それに果物(ぶどう)とオレンジジュース、コーヒーでした。

お昼は、ホテル地下にある和食のお店に行くことにしました。13時30分以降なら200円引きと飲み物がサービスされるということで、お昼は遅いほうがいいので13時半過ぎに行きました。このサービスの欠点は、メニューが完売するということです。食べようと思っていたものは完売していたので、牛しゃぶしゃぶ膳にしました。飲み物はアイスコーヒーを頼みました。

牛しゃぶしゃぶ膳 750円(950円から200円引き)

 

6日目:メイビー・ハッピーエンディング舞台鑑賞

平日の夜はバイトが入っているだろうとダメもとで長女に連絡するとその日は休みということ。花澤香菜さんがWキャストで出ているということで行きたいとのこと。2枚チケットを予約しました。一人、10,800円でした。

舞台は3人だけのミュージカルでした。そして一番よかったのは、もう一人のWキャストお笑いの斎藤さんです。歌がうまいし声がいいし、身なりはそれなりに遠くてよくわからないし。主演以外の二人はどちらもWキャストでしたが、いい組み合わせの時に行くことができました。中川翔子さんも素敵だと想像できますが。

 

舞台は8時半過ぎに終わるので、近くの居酒屋さんを席だけ予約しておきました。

これにサラダ、手羽先、飲み物はカシスオレンジです。

舞台鑑賞(発券手数料含む) 21,800円
庄屋 4,840円
26,640円

 

7日目:帰宅の途

11時チェックアウトでしたので、バスを12時半に予約し、荷物はフロントに預けました。手軽になったところで、少し時間をつぶし、11時半にホテル地下の和食屋さんに行きました。

11時半開店で11時50分までだと200円引きしてくれるからです。この場合は飲み物サービスはありませんが、メニュー完売もないので行ってみることにしました。

ワンプレートを注文しました。

プレートランチ 750円(950円のところ200円引き)

 

ホテルからリムジンバスが出ているのですが、そこでひと悶着あって、バス会社にメールをしました。メールには乗車時に支払いとあるのに、バスの運転手はチケットを購入しろの一点張りで。嫌な気分になりながら、ホテルのカウンターでチケットを購入しました。

空港では、ラウンジにまず寄って、オレンジジュースとトマトジュースをいただいてから、検査場を抜け搭乗しました。

空港では自家用車を駐車していたので、駐車料金はかかりますがやはり公共交通機関より楽かなあと思いながら帰途につきました。






-旅行

Copyright© りんごの花が咲くころ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.