りんごの花が咲くころ

30年3月に公務員を勧奨退職しました。悠々自適な生活の予定が、まさかのがん発覚、闘病生活へ突入。第2の人生を歩むため別居から離婚を選択しました。今はおひとりさまの人生をいかに楽しむかを追求しています。リタイア。断捨離。ミニマリスト。

つれづれ日記

いい人も悪い人も&戦場のピアニスト

投稿日:

早く平和が訪れますように。

ウクライナの主権が守られる終結になるといいなと思います。

毎日、ウクライナの状況をテレビやネットで見るにつけ、心が痛むのを感じる日々。現実から目を背けてはいけないけど、そればかりに集中しているとメンタルがやられていくのも現実で。

 

いい人も悪い人も&戦場のピアニスト

最近とりためていた映画を見ています。主にNHKBSです。見やすいものから見ていくので、見残しているものはテーマが重いものが多いです。

戦場のピアニストもその一つです。今だから見るのもつらいと思いながら、見始めるとその世界に引き込まれました。

 

ポーランドが舞台ですが、主人公はユダヤ人。ドイツが占領することで悲惨な状況が繰り広げられます。ドイツに協力しながら、主人公を助ける人。だからと言ってユダヤ人に温情を与えているというわけでもありません。

隠家にいる彼を通報しようとするポーランド人の女性。ドイツだけが敵ではないということが怖いです。

最後は、終戦も近いと悟ったドイツ軍人が助けます。彼の前でピアノを弾き、その後食料の差し入れを受け命からがら終戦を迎えるという話です。

あらすじは少し知っていたので、主人公が戦後を乗り切るということはわかっていて安心して見られる映画でしたが、それでも人間の醜さというものを見せられて、自分がその立場に立ったら、どの立ち位置になるんだろうと考えさせられました。

彼を助けたドイツ軍人、最後は精神に異常をきたしながら、ソ連収容所でなくなったそうです。Wikipediaを見たら、助けたユダヤ人は彼だけではなく、嘆願にはユダヤ人も協力したそうです。

それを認めないソ連、今のロシアと同じです。

人の残酷さと同じくらい人に共感できる力もあるということで、人間らしくいたいと思いました。

3月17日(木)の食事と買い物

朝はパン食、食パンにバターです。りんごにみかん、コーヒー、日本茶です。

お昼は、焼肉に野菜サラダ、お味噌汁です。

 

開店時行って、胸肉二つとブランドミカンで税込459円です。

ウォーキング途中で買ったトマト100円、帰りにドラッグストアで買った飴とリンゴで371円でした。りんごは血圧にいいので、朝食べています。

-つれづれ日記

Copyright© りんごの花が咲くころ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.