りんごの花が咲くころ

30年3月に公務員を勧奨退職しました。悠々自適な生活の予定が、まさかのがん発覚、闘病生活へ突入。第2の人生を歩むため別居から離婚を選択しました。今はおひとりさまの人生をいかに楽しむかを追求しています。リタイア。断捨離。ミニマリスト。

つれづれ日記

臨時特別給付金振り込まれる。&愛と喝采の日々

投稿日:

早く平和が訪れますように。

ウクライナの主権が守られる終結になるといいなと思います。

毎日、ウクライナの状況をテレビやネットで見るにつけ、心が痛むのを感じる日々。現実から目を背けてはいけないけど、そればかりに集中しているとメンタルがやられていくのも現実で。

 

ロシアのデフォルト、ドル建て支払った原資は凍結している資産だそうです。西側にある資産から西側には支払許可するということでしょうか。そうなると、西側以外の利払いなどがないといつまでたってもデフォルトしないことになりそうで。

一気にロシア経済を追い詰めたほうがいいように思うのは素人考えでしょうか。

 

臨時特別給付金振り込まれる。

年末に支給が決定したと思われる、非課税世帯へのコロナ給付金が振込されました。全員に支給されたときと同じ口座なら手続きが簡単だったので、そうしました。

10万円、何に使いましょう。

先日届いた地震保険料には遠く及びません。その記事はこちら。

地震保険料の改定、だからと言って止める選択肢はなく。

慌てて使うことは考えず、しばらく口座に置いておくことにしました。結局こういう世帯が多いから預金が増えて行っているのでしょうね。コロナで厳しいというよりは、戦争で景気が悪くなるのは心配ですが、戦争起こると景気良くなるのかもしれないと思ったり。ベトナム戦争で日本は好景気になりました。いざなぎ景気でしたか?

 

戦争で儲ける企業、国があることも現実で。

早く終わってほしい、それが切なる願いです。

 

愛と喝采の日々

映画ネタ。

これは戦争とは関係ありませんが、バレエが軸になっています。ロシアから亡命したバルニシコフも出ています。こんな素敵な芸術を生み出した国が今や。

バレエを選んだプリマと家庭生活を選択した女性。その裏には選択は正しかったのか?という疑問が常にあり。女性同士のライバル心と嫉妬など、どろどろしている部分もありますが、全体としては安心して見ていられる内容です。

これも高校生の頃見ました。ほとんど記憶にありませんが。

3月18日(金)の食事と買い物

朝はパン食、食パンにバターです。りんごにみかん、コーヒー、日本茶です。

お昼は、冷凍していたご飯を焼き飯にして、野菜サラダとトマト、お味噌汁です。

 

 

開店時行って、半額のジャガイモがあり、カレーを作ろうと玉ねぎも買いました。もも肉のトマトのためのピーマンも購入、食パンにバナナで税込619円です。

雨だったので夕方行くと、スイーツは半額になっていましたが欲しいものが見当たらなかったのでブランドミカンのおつとめ品を大量買いしてしまいました。支払えそうになかったのでクレジット払いにしてしまいました。帰ってお財布見るとぎりぎり足りてそのお金はカード払い用の封筒に入れています。今後は、買い物止める方向で、特売品などに限って、買う方向で検討します。パンと果物は確保できているし、お昼は冷凍をフル活用します。あとは買いたい欲だけ。

 

期限ポイント消化のため、ドラッグストアに出向いたら半額品があって購入しました。本当はチョコが良かったけど、あったのはコスパよくなくてこちらにしました。ポイント払いで170円でした。

-つれづれ日記

Copyright© りんごの花が咲くころ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.