りんごの花が咲くころ

30年3月に公務員を勧奨退職しました。悠々自適な生活の予定が、まさかのがん発覚、闘病生活へ突入。第2の人生を歩むため別居から離婚を選択しました。今はおひとりさまの人生をいかに楽しむかを追求しています。

つれづれ日記

新しいことをするのに躊躇する思惑。

投稿日:

上京する際、思いのほか出費となるのが空港での駐車場代でした。1泊800円ほど、1週間だと5千円を超えることもありました。家から公共交通機関で2500円ほどですが、コロナで乗り継ぎが悪く、ほとんどを車で移動しています。それが時間つぶしに空港近くをドライブしていたら、駐車場300円という看板が。

 

新しいことをするのに躊躇する思考。

看板を見ると最大24時間300円(繰り返し適用)とあります。これは安いと思いながら、その時は預けることを躊躇してしまいました。1週間後、とてつもない金額を請求されるのではないか、無人駐車場なので何かエラーがあったらどうしよう、時間もないことだし、いつもの空港内にある高い駐車場に預けて上京しました。

 

そして、今回、意を決して預けることにしました。そのため少し早い時間に着くように出発しました。駐車場に停めて、駐車券は機械から出ました。出るときの手順を確認すると、その駐車券を機械に入れるタイプで、タイヤガードを外すタイプでなくほっとしました。駐車券を紛失すると1万円で出庫できるとあるので最悪1万円ねと。

 

駐車券は車においておくことにしました。そして荷物をもって、空港へ歩くこと10分以内。全然苦ではありませんでした。送迎付きの駐車場で1泊700円なので、自力での徒歩ではありますが、コスパ最高です。

1週間の旅行を終えて、少々緊張しながら駐車券を挿入すると「2100円」の表示が出てほっとしました。そして今後はここに預けることが定番となりそうです。

空港内で預けると試算、5200円でした。その差、3100円。前回この金額を損したと考えると残念ですが、新しいことへの挑戦はなかなか躊躇してしまう年齢となっています。

 

偶然見つけた駐車場。それを見つけた幸運に感謝するほうが精神衛生上いいことです。

-つれづれ日記

Copyright© りんごの花が咲くころ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.