りんごの花が咲くころ

30年3月に公務員を勧奨退職しました。悠々自適な生活の予定が、まさかのがん発覚、闘病生活へ突入。第2の人生を歩むため別居から離婚を選択しました。今はおひとりさまの人生をいかに楽しむかを追求しています。リタイア。断捨離。ミニマリスト。

つれづれ日記

シューズを求めてさまよい歩く1日。

投稿日:

毎日1時間ほど、ウォーキングすることを日課にしています。そのためのシューズは安いものを使い、難があれば買い替えるという方法を取るようにしました。一番難が出るのは、靴の裏に穴が開くということです。これは値段に比例せず、高いものも安いものもいつかはやってくる難です。

 

シューズを求めてさまよい歩く1日。

歩くための靴は2足あり、1足はそれなりに高い靴、これは上京時に履いています。黒いシューズでその他には使わないようにしています。そしてもう1足は、ただ歩くための靴。

上京時のもの。

今使っているのは、家の中での運動時に使っていたもので、運動器具を断捨離したことから外で履くようになりました。値段は千円ほどのものだと思います。紐もなくそのまま履けることも気に入っていました。それが雨の日には水がしみてくるようになり、靴の裏には明らかな穴が見えるようになりました。

靴を新調する時です。

自分の安いもののイメージは、700円ぐらいのワゴンセールです。

 

そして、いつも行くスーパーのワゴンには、1,320円でありました。高いし、ほかでもっと安く買えないかと今日何店かの店をはしごしました。

まずは、もう一つのスーパー、売っていませんでした。

次はホームセンター、入り口付近につっかけなどはありますがシューズは見当たりません。中を覗くも見当たらないので引き上げました。

別のスーパーにもありません。

一番期待していたショッピングモール。あることはありますが、値段もそれなりにいいのです。対して気に入らないものを手にするのも引けて買うのを止めました。

別のホームセンターにはかろうじて千円以内で買えるものがありましたが、外にあるもので心ときめきません。

 

諦めて家に帰っていましたが、だからといって必用ない訳なく、必要なものです。

帰り際、見当たらないとあきらめたホームセンターに寄って店内を物色していると奥のほうにシューズがありました。千円を切るというわけではありませんでしたが、これ以上安いものを探すのは無理な気がして買うことにしました。

さまよい歩いて買ったシューズの値段 1,304円

次に必要となるまで、安いものがあれば買っておこうと思います。

 

帰り際、再度スーパーによるとキウイのお努め品が出ていて、3個入り3袋を買って帰りました。久しぶりにお昼用にお弁当も買いました。

覚書

体重202101016 61.20(前回:61.30)
信用評価損益20211116前(信用建て残高) ▲739,635(15,293,110)

評価損:1,462.109→ 977,009→ 335,616→ 765,076→ 541,096→ 276,629→ 10,284→ 46,575→ +5,137→ 44,347→ 293,885→ 618,929→ 533,260→ 572,632→ 480,686→ 739,635

 

-つれづれ日記

Copyright© りんごの花が咲くころ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.