りんごの花が咲くころ

30年3月に公務員を勧奨退職しました。悠々自適な生活の予定が、まさかのがん発覚、闘病生活へ突入。第2の人生を歩むため別居から離婚を選択しました。今はおひとりさまの人生をいかに楽しむかを追求しています。リタイア。断捨離。ミニマリスト。

つれづれ日記

私でも悲しいんだから、ご両親はもっとでしょうね。

投稿日:

神田沙也加さんがお亡くなりになりました。私でもニュースやテレビで目にすると、涙が止まりません。松田聖子さんはまさに私の時代の人でした。

有名なご両親をもって、いいこと、悪いこと、いろいろあったんだろうなと推察いたします。

 

私でも悲しいんだから、ご両親はもっとでしょうね。

彼女に今言ってあげたいこと。

「あなたは、神田沙也加さんでしたよ。」ということです。聖子の娘ではなく、一人の女性としてその地位を十分に確立していたと思います。

こんな私が、神田沙也加さんの舞台を1度だけ見たことがあります。準主役という立ち位置だったと思いますが、Wキャストで出演されていました。チケットを取る際、知っている人ということで神田沙也加さんが出演する舞台を購入しました。その時は、ファンでもあった長女と一緒に見に行きました。

 

 

もっといっぱい行きたかったですね。

それでも一度鑑賞できたことは、宝物です。

どうか安らかに。ご冥福をお祈りいたします。

 

12月19日(日)の食事と買い物

朝はパン食、半額のパンにコーヒー、りんごに日本茶です。

お昼は、ホテル地下でテイクアウト。餃子の王将です。WAON支払いができるところだったので、ポイント消化しました。税込660円でした。最近はホテルの部屋で食べるほうが落ち着くのでそうしています。

 

-つれづれ日記

Copyright© りんごの花が咲くころ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.